事業内容

ごあいさつ

伝統食品を未来に

三冨実業株式会社は、平成7年(1995年)に創業しました。常に顧客が満足する品質価格で食品原料を安定して供給することをモットーにしています。

私たちは、日本の伝統的な発酵食品である味噌、醤油、豆腐、納豆原料には徹底的にこだわっています。

例えば、大豆は、アメリカ、カナダの産地、生産者との契約栽培により需要者のニーズに合った単一品種を安定的に供給しています。

また北海道から九州まで、各道県産の米、大豆の生産者と直接取引を進めています。

「生産者の顔が見える」原料の確保を主眼としています。

食糧自給率が38%と先進国最低という現況下、日本国内農業の見直しが急務です。

2000年より長野で直接集荷を始め、福井、富山、福島および埼玉に拡大しています。 直接、農家より米、大豆、麦、玄そば、こんにゃくいもを集荷し、全国のユーザーより好評を得ています。

伝統食品の素晴らしさを伝承し、“伝統食品を未来に”をテーマに今後とも食品原料を供給してまいります。



三冨実業株式会社
代表取締役 冨成 稔




事業案内

取扱い品目

豆類味噌、豆腐、豆乳、納豆、煮豆用の大豆、もやし用緑豆、醤油用大豆フレーク。豆類は、全てアメリカ、カナダ、中国からの非遺伝子組替(NON-GMO)で分別管理(IPハンドリング)されています。また、全ての商品は、ポジティブリストの残留薬基準値をクリアーしています。有機栽培大豆、特別栽培大豆も取り扱っています。
米穀類魚沼コシヒカリから味噌用米迄ありとあらゆる用途用の米を扱ってています。 テーブルライス、業務用白米、米菓、味噌、日本酒、焼酎、玄米茶用米など全て取り揃えています。

主な仕入先

米国、カナダ、中国、ミャンマー、インド、日本国内

主な販売先

【加工米、輸入米】全国主要味噌、焼酎、日本酒、甘酒メーカー
【主食米】全国主要米穀ユーザー、外食チェーン、業務用精米業者
【大豆】豆腐、味噌、醤油、豆乳、納豆、煮豆メーカー
【緑豆、ブラックマッペ】全国もやし、カット野菜メーカー




新規事業への取り組み

弊社は従来の事業に加え、消費者の地産地消意識が高まる中「直接農業生産者からの米の購入」「集荷」ビジネスを毎年、拡大しています。

特に新品種の開発、契約栽培に力を入れています。主食米として「ほむすめ舞」「五百川」「縁結び」酒造好適米として「山恵錦」「山田錦」を栽培しています。この事業は米の生産農家との直接取引により、生産者の声を反映した農地の保全・“GAP”適正農業規範のグローバル化に基づき、新たなビジネスの構築を目指すものであります。

ミャンマーはカナダに次いで世界第二位の雑豆輸出国ですが、当社は特にもやし用緑豆の輸入拡大に力を入れています。中国産緑豆に加え、ミャンマー産緑豆の契約栽培に2010年より着手し、2018年には年間4,000MTの輸入量に至っています。